Category Archives: にこにこクッキング

りかママのにこにこクッキング

温かい日差しが春の訪れを感じさせてくれます。
春の風に乗って今年もやってきました!出会ってかれこれ今年で20年。ハップショーンに、鼻はずるずる。目はしょぼしょぼ。うーん。困ったものだ。
先日、学生の頃の親友から「久しぶりに会いたい!」との連絡があった。かれこれ20年ぶりの再会だ。
「春」は別れと出会いの季節。花粉症との別れを期待しつつ、親友との再会を存分に楽しもう!!

豆腐ドーナッツ

揚げたてはふわふわ♪冷めるともっちり~♪混ぜてあげるだけの簡単ドーナツ☆

①ボウルに薄力粉(110g)、ベーキングパウダー(7g)、砂糖(30g)を入れ泡だて器でぐるぐるして良く混ぜる

②水切りしていない絹豆腐(150g)を加えてへらでつぶしながら混ぜ合わせる

③1口サイズに丸めて(手に水をつけて丸めるとくっつかないよ)

④180度の油できつね色になるまで揚げたら出来上がり♪

りかママのにこにこクッキング

暦では立春を迎えました。景色も冬から春の装いへと移ろいでいきます。我が家で今熱い話題!たいやきやゆいが2日間限定で戻ってくる!です。ゆいくんのたいやきが最高のおやつだった3兄弟。あの味をもう一度食べたい。
おそらく長蛇の列になるであろう当日、さて誰が並ぼうか?自分のことで忙しい三兄弟。「お母さ~ん、長蛇の列に並ぶの悪くないと思うよ~かわいいだんご三兄弟の小っちゃいころ思い出せるし~あのたい焼き焼く時の音が響いてくると思うよ~」と太郎(中1)。口のウマイ中学生に乗せられ、心が移ろいでる今日この頃です^^;

れんこんのいそべ焼き

蓮根の食感と青のりの風味があとを引くおいしさです☆是非あひるの食材で作ってみてください!

(作り方:2人分)

①れんこんは5㎜幅の半月切りにし、水にさらす。

②ポリ袋に片栗粉(大さじ1)・青のり(小さじ1)を入れ良く混ぜたら、①を入れて全体にムラのないようにまぶす。

③フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し②を並べ、片面1~2分づつ焼く。器に盛り、好みの量の塩をふったら完成!

りかママのにこにこクッキング

新年明けましておめでとうごさいます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年が明け世間では横綱稀勢の里の引退表明が騒がれている。引退表明前日、お相撲大ファンの我が家の父ちゃんはチケットを握りしめ、朝一番で応援に駆け付けた。
相撲の土産話も楽しみだが、もっと楽しみにしていたのが相撲弁当。お腹をぺこぺこにし、父ちゃんの帰りを待つ3兄弟。
箸を並べ、豚汁を器によそう玄太(小3)は何だか楽しそう。「オレはこれからサッカー行くから父ちゃんの帰りには間にあわねえかぁ。」と落ち込む太郎(中1)。首までコタツに入ってぬくぬくしている蒼太(小5)はほっぺを赤くしご機嫌だ。
大きな紙袋を抱えて帰宅した父ちゃん。袋の中からは楽しみにしていた相撲弁当が出てきた。興奮している父ちゃんの相撲話を聞きながら、盛りあがる子供たち。野菜中心のメニューからと稀勢の里弁当を選んだ私。一味一味かみ締める夕べでした。

根菜入り和風ハンバーグ

肉大好きうちの3兄弟。野菜も食べてもらいたくハンバーグに入れてみました。ごぼうと蓮根のサクサクな食感がアクセント。我が家ではごぼうが得意ではない蒼太を除いて大好評でした!!

(作り方:2人分)

①玉ねぎ(1/2個)、ごぼう(10センチ)はみじん切りにする。蓮根(50g)は粗みじんに切る。パン粉(2/3カップ)は牛乳(大さじ4)に浸し湿らせる

②ボウルに合挽き肉(200g)、塩、こしょう、ナツメグ(各少々)を加え粘りが出るまで捏ねる

③2へ1と溶き卵(1個)を加えて、全体がなじむまでよく混ぜ合わせ、2等分して丸く成形する

④フライパンに油(大さじ1)を入れて強火にし、3を両面焼き色がつくまで焼いたら、弱火にして蓋をし、5分蒸し焼きにする

⑤器にハンバーグをもり、大根おろしと小口切りにした青ネギをのせ、ポン酢しょうゆをかける

りかママのにこにこクッキング

12月に入り暖かい日が続いている。こうも暖かいと師走という言葉すら忘れてしまいそうだ。
しかし、年末へと向かって待ってはくれない。店の支払いに提出書類にとあっちこっちへと走る。
「免許証もった〜?お金はある?充電切れるといけないから自転車じゃなくて車で行ったほうがいいと思うよ〜」
スタッフ久美さんの温かい言葉が後押ししてくれる。
今日は車で税務署までやって来た。ついこの間も来たばかりだ。充電切れの電動自転車をあくせくと走った同じ風景。今日は気分よく走れている。

タンドリーチキン

オーブンで焼いている間もたのしみの一つ。焼きはじめると決まって集まってくるこどもたち。味見は格別美味しく感じるようです。漬けこむタレの中にヨーグルトを加えることでお肉を柔らかくします。外はカリッと中はジューシーにカレーの旨味を味わえます。クリスマスのお祝いの一品にいかがですか~。

【作り方:2人分】

①鶏もも肉(2枚)にフォークで数箇所穴をあけ、軽く塩を振る

②カレーの壺(スパイシー)大さじ3、プレーンヨーグルト100g、生姜すりおろし少々、オリーブオイル大さじ2を合わせたものに1の鶏肉を30~1時間程漬けこむ

③180度~190度のオーブンで15分、裏返して15分焼く。竹串を刺してみて透明な肉汁が出たら焼きあがり!!

【カレーの壺】は3種類の辛さが選べます  【スパイシー】辛さ★★★ 【ミディアム】辛さ★★ 【マイルド】辛さ★

りかママのにこにこクッキング

朝晩と冷え込む季節となりました。
寒い寒いと言って珍しく早起きをしてきた蒼太(小5)。ご飯の炊ける匂いに今朝だけは特別な思いが込められている。
昨夜、蒼太は珍しくお米を研いだ。丁寧に丁寧に1粒もこぼさないようにお米を洗った。この春クラスの仲間と一緒に田植えをし、この秋収穫した新米だ。美味しく炊くからね~と炊飯器のタイマーもご機嫌に返してくれた。
寒い朝の食卓に、「さみ~さみ~」と起きてくる太郎(中1)の髪の毛は今日も賑やかだ。眠い目を擦り起きてくる玄太(小3)の顔は今朝も腫れぼったい。炊けたご飯を配る蒼太の顔は満足気。
「さあ!感謝していただきま~~す」

里芋と蓮根のはさみ揚げ

あひるに並んでいる田島さんの里芋がねっとり、ほっくりと最高に美味しいです!旬の野菜を使ってアツアツのはさみ揚げ作ってみてください!!簡単で美味しいですよ~☆

【作り方:5個分】 

①蓮根(250g)は厚さ5㎜の輪切りにし(10枚作る)酢水につける

②里芋(300g)は皮ごと茹でたら皮を剥いてつぶし、たらこ(2腹)(皮から中身を出す)、マヨネーズ(大さじ2)を混ぜて、手でこねる

③蓮根は水をふき、小麦粉(適量)をまぶす ④5等分した②を蓮根2枚ではさむ

⑤180度の油でこんがり揚げたら完成!

りかママのにこにこクッキング

秋風が冬支度の知らせを運ぶかのように冷える季節となりました。
さあ、我が家も寒い冬に向けて冬支度です。仕舞い込んでた暖房機を引っぱりだし、ペッちゃんこになっていた上掛布団を暖かい日に浴びせ、「ご無沙汰だったわね~」と貫録のある土鍋に挨拶をする。我が家に来てから10数年。今年は出番が多くなりそうだ。
「鍋ブーム」に乗っかった我が家。麻婆鍋にカレー鍋、キムチ鍋と世界1周できそうだ。今日も3兄弟、ほっぺた赤くして、鼻すすりながら「美味しいね、ウマイよ!」と箸がすすむ、すすむ。さあ!次はどこの国へ行こうか?

秋味サラダ

実りの秋です。収穫の秋です。あひるの店先にも豊かな恵みの作物が並びます。簡単で美味しくて、秋の味を感じるサラダのご紹介です。是非お試しください!

【作り方:4人分】

①さつまいも(180g)、蓮根(70g)、人参(25g)は、いちょう切りにしたら柔らかく蒸す。

②1と枝豆(15g)、コーン(20g)も入れたらマヨネーズ(25g)、塩、こしょう(適量)をし、混ぜたら出来上がり!!

りかママのにこにこクッキング

大学通りの木々も彩りはじめ、いよいよ秋の装いを始めました。我が家では衣替えをはじめました。
さあ!子供たちへ呼びかけて、重い腰上げて、たくさんの段ボールの入れ替え戦です。くたびれ切った段ボールには何度も冬物、夏物と書き換えられ、今年もご苦労さんね、と粘着力のないガムテープを剥がす。
すると、中から出てくる出てくる楽しいものが。。。去年使った運動会の衣装やら、寒い冬に街角でもらったカラフルな風船の数々が。
子供たち、衣替えなんてすっかりそっちのけで、法被に身を包み、おしりふりふりしながら鳴子を打ち鳴らす玄太(小3)、大胆に描かれた荒れ狂う海の衣装を背に、どれだけ腰を落としてソーラン節を踊れるかを研究する蒼太(小5)、その隣では、カラフルな風船を、風船よりもカラフルな顔をして膨らましている太郎(中1)。。。我が家の秋の装いです。

かぼちゃの豆乳スコーン

昔あひるのスタッフをされていた阪井さんが作った南瓜を使ってスコーンを作りました。ほっくりとした南瓜の味がして美味しいですよ♡是非お試しください!!

作り方(8個分)
①ボールにホットケーキミックス(200g)を入れその上に1㎝角に切ったバター(50g)を入れる。指先でバターを潰しながら小麦粉となじませる(サラサラになるまでバターを潰す)
②ふかして冷した南瓜(100g)をつぶしながら1へ混ぜる
③2に豆乳(50cc)を入れ生地全体をまとめる。(この時に生地を何度か折りたたむことで生地が層になります)ラップをして1時間ほど冷蔵庫で休ませる。
④打ち粉をひいた台の上で3の生地を乗せて麺棒で伸ばす。生地を3つ折りにしてたたんでは伸ばし、またたたむを数回くりかえす。
⑤4の生地を1.5㎝の厚さに伸ばして型抜きをする。(グラスの器でも代用可)
⑥190度のオーブンで15分焼く。お好みでバター、クリーム、ジャムなど付けても美味しですよ☆

りかママのにこにこクッキング

夏休みが終わった。
夏休みの宿題を最終日まで残した三兄弟。今夏、見事に残したのは玄太だった。
新学期が始まり提出した読書感想文が戻ってきた。大胆に書かれた作文用紙に目を通して見ると、「ふまんがありますを読んで」から始まった。
ぼくは、この本を読んでると同じ気持ちになります。どうして夜寝る時間を大人が決めるの?と書いてあるけど、ぼくも同じ気持ちになります。どうして寝る前にオヤツを食べてはいけないの?と書いてあるけどぼくだって同じ気持ちになります。お母さんは歯磨きしたあとにチョコをパクパク食べているのを知っています。。。
ってコレ?読書感想文でなく親への抗議文やないかーい。しかもガッコの先生、ぼくもおなじ気持ちになりますの横に赤い波線つけて立派な花丸してる。
ヨシ、こうなったらその抗議、受けて立とうではないかい!
ついつい口出ししたくなる口にチャックをし、ぐっと堪えて観察してみる。汗ダラダラとたらし学校から帰ってくる玄太。宿題ちゃっちゃとやって、大好きなミシンで夢中に袋縫い。泡風呂せっせと沸かし、マンガ本を持ち込み半身浴。寝る前には梅醤番茶を飲みながら「あー体あったまるうー♡って言ってる。幸せオーラがプンプンだ!ヨシ、私も負けないくらい幸せ作らなくっちゃ~♡          

ねっとりホクホク里芋サラダ

里芋の美味しい季節にはいりました。皮ごと茹でて和えるだけ~。簡単で美味しいョ。

①里芋(お好みの量)はよく洗い、たっぷりの水から皮ごと茹でる。楊枝をさしてみてスーと通ったら皮を剥きマッシュする

②★マヨネーズ(お好みの量)★かつお節(たっぷり)★醤油(少し)を加えてざっと混ぜ合せて出来上がり♪

りかママのにこにこクッキング

夏も残り僅かとなりました。
昨日仕事の帰りに、西瓜が大好きな3兄弟へ小玉西瓜を買って帰りました。キンキンに冷えた小玉西瓜を大胆にカットしお皿にのせて出すと、やっほ~う!だのヨッシャ~☆だのマジヤバイ!だの歓びの舞をして盛り上がってました。
西瓜と言って思い出すのが、随分と前の話し。
新婚ホヤホヤの姉夫婦が実家に里帰りしたある夏の夜。夕食後、家族みんなでペチャクチャと楽しく西瓜をむしゃむしゃ食べてると、義兄が「お義母さん、ココに西瓜のタネついてますよ」と言って母の方へ手を伸ばし、西瓜のタネであろうモノを取ろうとする。が、なかなか取れない。ん??何じゃコレ??だってコ~レ。。。。ホ・ク・ロですから~~~。衝撃の夏のホクロ事件でした。

バターチキンカリー

今年の夏、何度も食べたくなったカレーです!!家族みんな、ウマイ!ウマイ!と言って食べてます。ラッシーやサラダなんてつけちゃえば、ココインドデスか??という気分になります☆スパイシーだけどマイルドなので辛いカレーが苦手な次男もこのカレーなら食べられます。是非お試しください~~

【作り方:4人前】

①たまねぎ(大1個)は、みじん切り、ニンニク・生姜(各一片)はすりおろす。鶏肉(ももでも胸でも)300gは削ぎ切りする

②お鍋を温め、バター(大さじ1)を入れて溶かし、にんにく、生姜を炒め、香りが出たら玉ねぎを入れて炒める

③②にカレー粉(大さじ1)を入れ、ダマにならないように弱火で混ぜる。良く混ざったら、トマト水煮缶(半分)、料理酒(大さじ1)、コンソメ(1つ)、塩(小さじ2)、砂糖(大さじ1)、ピーナッツバター(大さじ2)を入れる

④③に削ぎ切りにした鶏胸肉と無糖ヨーグルト(大さじ1)を入れる。お肉に火が通ったらバター(大さじ1)を加え出来上がり!

りかママのにこにこクッキング

暑中お見舞い申し上げます。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?毎日毎日暑いです。酷暑続きの中休みもなく、くたびれます。
子供たちは待ちに待った夏休み!1学期もいろいろとありました。
今年中学に上がった太郎(中1)は、初めての期末テストを味わいました。「お母さん、H2Oってなんだっけ?」テスト前になるとやたらと質問をしてくる。
「人に頼らず自分で考えるんだよ~。」と答えられない質問に交わす術も覚えた。傍では「おとなのかいだんの~ぼる~♪♪」と鼻歌交じりに茶化す父さん。
あれ???その歌うたってたのH2Oだ~(笑)

甘夏ジャム

あひるの甘夏は農薬・化学肥料を使っていないので安心して丸ごと使って作ってみてください。甘さ控えめの甘酸っぱいマーマレードに仕上がりました。

【作り方】

①甘夏(2個)の皮と薄皮を剥き、種を取り除きます。皮は白いワタを取り除き、千切りにして水洗いをし1~2時間水にさらしておく

②鍋に1、洗双糖(80g)を入れて中火にし、木べらで実をつぶしながら水分が出るまで混ぜます

③水(200ml)を入れて、中火で煮込み、とろみが出てきたら火から下ろし完成!